タグ : 明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域

みすみ浪漫クルーズ運航中!

8月1日より、7月5日に世界文化遺産に登録された

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼・造船・石炭産業」の構成資産である

「三角西港」を巡る遊覧船「みすみ浪漫クルーズ」を8月1日より

三角東港発着で1日5便運航を開始致しました。

8月1日~10月31日の3ヶ月間限定の運航となります。

10:00、11:00、13:00、14:00、15:00の5便で

所要時間約40分。

世界遺産に登録された石積みの埠頭を間近で見ることが出来ます。

また、現在建設中の新1号橋や雲仙普賢岳など見所も豊富。

夏休みの思い出に明治ロマンを感じることが出来るクルーズ体験は

如何でしょうか?

 

みすみ浪漫クルーズ

 

 

三角港連絡航路の準備が進んでいます!

9月1日から運航開始予定の「三角港連絡船航路」

三角港連絡航路は平成25年度世界文化遺産政府推薦案件に選定された「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産である「三角西港」と天草への向けての海の玄関口である「三角東港」を結ぶ定期航路です。宇城市による三角港連絡船実証実験委託事業として平成26年9月1日(月)~11月30日(日)までの3か月間運航の予定です。

残り約一ヶ月となり、航路のチェックや桟橋の安全性の確認、

待合所及び駐車場の確認など様々な準備を行っています。

運航するからにはお客様の安全を確保することが私共の使命です!

精一杯の準備を進めたいと思います!